banner

水素水サーバーのメリットとデメリット

水素水は、水に高濃度の水素分子を溶解させた水で、水素特有の抗酸化力や還元力によって、疲労回復や美容に良い効果、そして動脈硬化などの症状に効果や効能が期待できると言われています。
私たちの心強い存在です。
そんな水素水を自宅などで、好きな時に好きなだけ飲む事ができるのが、水素水サーバーです。
水素水サーバーは、水道水を電気分解して水素水に変えるシステムで、市販品のように水素が抜け出してしまう心配がなく、冷水やお湯が瞬時に出てくるので利便性があり、ランニングコストが市販品を買い続けるより安く済むというメリットがあります。
デメリットは、サーバー本体の価格が高価であり、レンタルする場合でもウォーターサーバーに比べて高価な事と、サーバー本体を設置するには水道工事が必要な事などがあります。
また、電気分解によって水素水を生成しており、電極に触れた水素水は金属イオンが微量に発生し、電極に不純物が付着するのでメンテナンスが大変になります。
これらの事により、水素水サーバーを選ぶポイントとして、電極非接触方式でサーバー内の殺菌対策が施されているかを基準に、メンテナンスの必要性、水素水の含有物、水素濃度、コストなどから判断します。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/