banner

ホルモンバランスに着目してPMS解消

昔から、月の満ち欠けになぞらえて悩みまた晴れると言われてきた女性のリズムは大変複雑です。
これは、体内で働く各種の女性ホルモンが周期に応じて作用することで維持されています。
しかし、ホルモンのバランスは体調やストレスの影響を受けやすく、ちょっとしたことで生理の周期が乱れたり辛い症状が現われたりします。
女性の多くが悩む月経前症候群、最近はPMSとしても注目されている症状はそのひとつです。
PMS緩和対策では、生理前に起こる不快な症状をひどくしてしまう要因やその解消術、日常生活の中で自分でも簡単にできる対策などを優しく解説しています。
血と気のめぐりを重視する漢方もそのひとつです。
漢方では、ひとりひとりの体格や血色、舌の色、むくみの具合などによりとてもたくさんの生薬の中から選んでブレンドした処方を使います。
不調について対象療法を行う西洋医学とは違って、全身に温かい血液が巡ることで新陳代謝を盛んにして人が本来持っている自然治癒力を高めるというのが漢方の基本です。
ですから、体質に合った生薬を使っていると肩こりなども改善されながら生理に伴う辛い症状も軽くなったと言う女性が少なくありません。
月経前症候群解消術では、他にもストレッチやヨガ、骨盤の矯正などいろいろな耳より情報が紹介されています。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/