banner

コミュニケーション重視のセントレード証券

証券会社の中でも比較的新しいセントレード証券は2005年に前身となる会社が設立され、2010年から現在の社名で営業活動を行っている第一種金融取引業者です。
外国為替証拠金取引、株式、投資信託、といった金融商品の取次ぎを主たる業務としています。
金融商品を扱う会社では情報が大切ですが、セントレード証券ではごひいきにしてくださる顧客の皆様にタイムリーで有効な情報をご提供する事を経営方針の中にも挙げています。
またそのためには日ごろから顧客の皆様と密接な信頼関係を築き、的確なアドバイスを差し上げる努力をしています。
IT化が進み、人と人とのコミュニケーションが希薄になりがちな世の中ですが、常に「お客様と共に」という精神を胸にお客様の大切な資産を少しでも有利に運用するよう努力している集団です。
また業務においてはマネーマーケットで親しまれているソフトウェアのメタトレーダー4を利用していますので顧客の方はそれを用いて資産運用することが出来ます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/