banner

交通事故の慰謝料は弁護士会基準での算定を狙おう

交通事故の慰謝料と一口に言っても、被害の程度によって金額は違っています。
また、被害の程度が全く同じだったとしても、算定する基準が違うと、やはり金額に違いが出てきます。
もう少し詳しく説明すると、まず、基準には自賠責基準と任意基準、弁護士会基準の3つの基準があります。
この内、自賠責基準は被害者に対して必要最低限の補償を行うことを目指す基準ですので、この基準で算定された慰謝料の金額は、当然低く抑えられてしまいます。
また、任意基準も自賠責基準より多少被害者への補償が手厚くなっているという程度の基準なので、この基準で算定してもやはり金額はそこまで高くなりません。
その点、弁護士会基準は被害者への最大限の補償を行う基準ですから、段違いに高い金額が算定されることになります。
この基準で算定されると、自賠責基準で算定される金額の4倍以上の金額になることもあるほどです。
こんなに違いが出るなら、ぜひとも弁護士会基準で算定して欲しくなりますよね。
ただ、弁護士会基準という名称からも察せられるように、素人がこの基準で算定してもらうのはなかなか難しくなっています。
加害者側の保険会社としては、できるだけ支払う金額を抑えるために自賠責基準か任意基準で算定しようとするものだからです。
弁護士会基準で慰謝料を算定してもらうためには、交通事故無料相談室などで弁護士に相談をして、代理で交渉をしてもらう必要があります。

http://baishoukin.com/kijyun/


Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/