banner

意外と知られていない臨床研修医

臨床研修医制度をご存知でしょうか。
この臨床研修医制度とは平成16年に作られた制度であり、前期と後期によって分けられています。
また様々な科を経験するのも特徴であり、以前まであったインターンという制度に若干似ていますが臨床研修医制度とは違う制度です。
そして医者になるためには学校の医学部をでたあとに医師の国家試験を受験する必要があり、そこで合格をすることにより医師免許を取得できます。
しかし臨床医の場合だと経験が無いという理由でその後に病院で修行をする必要があります。
この修行の期間を研修医期間といいますが、この研修医期間では病院の勤務中に先輩の医者と一緒に働きながら患者さんをしっかりと診ていきます。
また研究職を考えている場合はこの研修医期間をおこなわなくても良いのですが、臨床医の場合は必ず研修医期間を経験する必要があります。
病院は研修医を沢山受け入れる傾向があり、病院によっては医者が不足しているケースがあるため、研修を経験した病院で勤務してもらおうと研修医を対象としたプログラムが組まれているところも少なくはありません。
それにより現在では医者が病院に勤務する形式も少し変わってきました。
現在は医学部の大学生が企業に就職するのと同様に、自分の意思で研修病院を選択することが出来ます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/