banner

家を建てる前に講じられる地震対策へのこだわり

昨今の日本では、地震に対しての備えは必須となっており、これから新築一戸建ての家を建てようとしているのであれば、十分な対策が必要になります。
ですから、地震対策として建物を建設する前の地盤の状態の調査等を十分に確認した上で、基礎工事を行っている兼六土地建物株式会社に依頼すると良いかも知れません。
兼六土地建物では地盤の強度等を正確に計測する為に、スウェーデン式サウンディング試験という方法を採用しています。
この方法は、日本での実績が1954年頃には既に地盤調査として存在し、日本工業規格で採用されている物ですから定評がある方法です。
またケースバイケースですが、表層や柱状等の改良を加えてから、最も適切な基礎工事方法で基礎作りを行い建物の建設に着工に入ります。
ですから、耐震対策は万全と言っても過言ではありません。
詳しくは、当該企業の本社や、大宮支店・船橋支店、横浜支店に問い合わせると相談に乗ってくれます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.firstnighthazleton.com/