banner

女性シャンプーの真実

「髪は女の命」
というような台詞を聞いたことがある方もあるのではないでしょうか。
古来、女性は髪を伸ばし、結い上げ、身に着ける衣服以上にインパクトのあるものとして大切にしてきました。
美しい黒髪というのは、昔から変わらない日本女性のシンボルともいえます。
もっとも、ヘアカラーも当たり前の時代です。
ヘアスタイルや個性にあわせてさまざまに色を楽しんでいらっしゃる方がほとんどでしょう。
カラーやパーマでは、髪はかなりのダメージを受けます。
ダメージヘア用のシャンプーはたくさんの種類があって、どれを選んでよいのか迷ってしまいますが、中でも昨今よくきかれるのがシリコンに関することではないでしょうか。
特に女性用のシャンプーにおいては、ノンシリコンシャンプーのブランド(種類)の増加が著しく、どれもこれもすばらしく髪を美しくしてくれそうで悩んでしまいます。
もともとノンシリコンシャンプーは、洗浄力が弱めで髪に優しいことから美容室での専売品として価格設定も高めで、あまり一般にはなじみのない商品でした。
最近になって、それを安価で提供できるようになってきたことで、ドラッグストアやホームセンターでも取り扱うようになり、テレビCMでも盛んにノンシリコンは髪によいとのアピールがなり止みません。
果たして、ノンシリコンは本当によいのでしょうか。
実は、メーカー側ではシリコン配合による被害というようなものは確認されておらず、髪のもつれや絡みを解消するために配合するシリコンも微量であるため、問題にはならないと主張しているようです。
実際につかってみての感想としては、毎日使うのであればノンシリコンのほうがいいのかしら、という程度の違いで、シリコン・ノンシリコンに大きな差異をみることはできませんでした。
でもよく考えてみると、ノンシリコンでないシャンプーが発売され、主流になってからすでに40年以上は過ぎているはずです。
その間、とりたてて大きな問題もなかったところをみると、ノンシリコンでなければならないという根拠もやや弱くなると感じます。
いずれにしても個人差のあることですので、まずは女性用シャンプージプシーをするなりして、一度つかってみる!ということに尽きると思います。
しっくりくるブラントが見つかるまで、美しい髪のためにトライしてみませんか。

新着記事

メーカーによって違うウォーターサーバーの賞味期限
お金の緊急事態に
渋谷の美容室ならAshがおすすめ

自分の納得のいくアパレルバイト探し
フェイスクリームでマッサージ。
役立つ資格を取るなら簿記
湾岸の再開発に伴うマンション需要
学生におすすめの激安の合宿免許は
採用情報の言葉に感動したエクセルヒューマン
育毛シャンプーで髪の毛も元気に
インターネットで申し込みできる祝電
観葉植物は癒しのアイテム
内藤まろと永作博美
小田原でリフォームするならRECO
会社近くの山王病院を紹介してもらいました
グローバルに活躍できる人材育成のサマデイ
恵比寿の歯科の治療を受けてみたい
ネット規制でも中国ミクシー
Copyright(c) 2012-2013 女性シャンプーの真実
トップページへ戻る